メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 糸谷哲郎八段-豊島将之王位 第17局の5

上部脱出に望み

 図の[後]7五歩を見た控室では「後手ペースだと思うけど、ちょっと変調では?」という声が上がっていた。しかし、変調というのは違う。豊島はそもそも形勢を楽観していなかった。だから性急な攻めは禁物と、手渡しの[後]7五歩で力をためたのだろう。

 手番を得た糸谷は、何かありそうと攻めの糸口を模索するが、具体的な順が見つからない。[先]2二歩で[先]6四桂[後]6三金[先]5一角打の強攻は以下[後]同飛[先]同角成[後]同玉[先]5二飛[後]4一玉[先]5三桂成[後]9五角[先]7七歩[後]5一銀(参考図)であと一押しが足りない。

 糸谷は[先]2二歩~[先]6一角と丸い駒をやりくりして攻める。しかし豊島の[後]4七歩が厳しい。そ…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです