メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 B級1組 渡辺明が6戦全勝 5勝の山崎と斎藤慎が追走

 <第77期順位戦B級1組の対戦より>

 大阪で行われた18日のB級1組7回戦、橋本崇載八段対菅井竜也七段の一戦でとんでもない事件が起きた。菅井が相手のと金を飛び越して角を動かしてしまい反則負けとなったのだ。駒が動けない場所へ動かす反則は極めて珍しい。菅井は優勢の将棋を落とした。まだ1勝しかしておらず苦しい。

 今回は東京での逆転劇を紹介する。まずは、全勝の渡辺明棋王(34)対2敗の木村一基九段(45)の将棋。相掛かりに誘導した木村は、研究手順がうまく決まり優勢に。ところが受け潰しを狙った指し手が何度も乱れ、渡辺の勝負手もあって差が縮まり第1図。

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです