メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『世界史のなかの文化大革命』=馬場公彦・著

 (平凡社新書・994円)

 文化大革命を、中国の置かれた当時の国際情勢と照合してみる。この補助線が新しい気づきを与える。

 本書が注目するのは、インドネシアだ。反植民地闘争をへて独立し、中国と友好関係を築いていた。インドネシア共産党は、スカルノ政権の柱のひとつだった。中国とインドネシアは米ソ対立のさなか、中間地帯のアジア・アフリカ諸国を集め、非同盟のバンドン会議を成功させた。

 ところが一九六五年、インドネシア共産党は武力蜂起に失敗し、壊滅してしまう。華人社会も襲撃され、多く…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです