メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『横田喜三郎 1896-1993 現実主義的平和論の軌跡』 著者・片桐庸夫さん

 ◆片桐庸夫(かたぎり・のぶお)さん

 (藤原書店・3456円)

自由主義知識人が教えるもの

 混迷を深める現代の国際情勢と向き合い、一石を投じる問題提起の書だ。冷静な歴史の考察と実証的な研究姿勢から描き出されたのは、戦前、戦中の自由主義的知識人の戦後を含めた足跡が如実に映し出す、現代国際政治の底流に他ならない。

 大戦間期の1925年に発足した国際組織「太平洋問題調査会」(IPR)に関する長年の研究を通じてメン…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです