メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

カクテル×秋田 友と故郷に贈る一杯

イラスト・佐々木悟郎

 きりたんぽ鍋を出す郷土料理店の看板に明かりがともる秋田市の歓楽街、川反(かわばた)。風格ある木の扉を開けると、そこには銀座があった。

 ボトルが壁一面に並ぶバックバーを背に、白いバーコート姿の佐藤謙一さん(70)がシェーカーを振る。東京・銀座で知られたバー「ル・ヴェール」を、生まれ故郷の秋田に移して10年目になった。

 日活映画に登場するバーテンダーに憧れ、高卒後に東京のバーで働き始めた。帝国ホテルの求人を見つけて迷わず飛び込むが、一流の味を知る常連はなかなか認めてくれない。先輩が作るカクテルのレシピをトイレでメモした。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです