メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ガンジスに還る インドを舞台に描く、世代間ギャップの「普遍」

 ガンジス川のほとり、バラナシ。昔はベナレスと表記したところと申し上げれば思い当たる方も多いでしょう。映画でいえば、ほら、「大地のうた」3部作の主人公オプーが少年時代を過ごしたのがこの町。限りある地上の生が永遠の時と出合うような聖地です。

 で、この映画、筋書きだけを要約しますと、死の迫る男が、息子とともにその聖地バラナシに行き、自分が死ぬ時を静かに待つというお話です。これだけだと、インド世界の伝統に寄り添うような物静かで威厳のある作品になりそうですが、まるでそうじゃない。古いインドと新しいインドが出合い、ぶつかるようなお話です。

 老境に入ったダヤが、夢を見た。その夢は自分の死期を告げるものだと確信したダヤは、息子、息子の嫁、そ…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです