メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜

クマ出没増える恐れ ドングリ類凶作予測で

白山スーパー林道脇に姿を現したツキノワグマの子グマ=岐阜県白川村で2013年7月

 岐阜県は、飛騨地域で12月にかけて、冬眠前のツキノワグマが餌を求め人里周辺に出没する頻度が高まる恐れがあると発表した。秋の主な餌となるドングリ類のブナやミズナラが凶作、コナラが大凶作と予測されるため。県は被害に遭わないよう注意を呼び掛けている。

 例年9~10月には人里周辺でのクマ出没が増加する傾向…

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです