メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

天皇賞 レイデオロが優勝

 中央競馬の第158回天皇賞・秋(G1)は28日、東京競馬場の芝2000メートルに12頭が出走して行われ、昨年のダービー馬で単勝2番人気のレイデオロが1分56秒8で優勝し、賞金1億5000万円を獲得した。藤沢和雄調教師は史上2位、現役最多の天皇賞・秋6勝目。クリストフ・ルメール騎手は秋華賞、菊花賞に続くG13連勝で初の天皇賞制覇を飾った。中央競馬の3週連続G1勝利は自身2回目で史上3例目。これで年間G16勝目で、1984年のグレード制導入後、最多タイになった。

 レースは、昨年の菊花賞馬キセキが逃げて引っ張った。好位置を進んだレイデオロは最後の直線で抜け出し快…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです