日中首脳会談

安倍首相の「3原則」波紋 外務省は否定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談を前に握手する安倍首相(左)と中国の習近平国家主席=26日、AP
会談を前に握手する安倍首相(左)と中国の習近平国家主席=26日、AP

 安倍晋三首相は26日、中国の習近平国家主席との北京での会談で、今後の日中関係について「競争から協調へ」「パートナーであり、互いに脅威とならない」「自由で公正な貿易体制の発展」を提起した。会談後、首相はこれを「三つの原則」と発信したが、同行筋は「三つの原則という言い方はしていない」と公式に否定。中国側の説明にも「3原則」の言葉はない。首相が外務省とすり合わせずに会談の成果としてアピールした可能性がある。

 首相は習氏との共同記者会見は行わず、代わりに首相官邸フェイスブックで「これからの日中関係の道しるべとなる三つの原則を確認した」と発信した。これに先立つ李克強首相との会談後も、安倍首相はフジテレビのインタビューで「3原則」に言及した。

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文1036文字)

あわせて読みたい

注目の特集