メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道

エゾナキウサギが冬支度

 「氷河期の生き残り」と言われ、国内では北海道のごく限られた高山地帯だけに生息するエゾナキウサギが、冬支度を始めている。

 鹿追町の然別湖近くの岩場に「ピイッ」という甲高い鳴き声が響く。茶色で体長15センチほど。素早く動き回ったと思えば、岩の上でじっと空を見つめたりと愛らしい表情を見せる。

 冬眠しないため、その間の食料となる植物…

この記事は有料記事です。

残り53文字(全文217文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです