メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

魚津工、3大会ぶり花園へ

【魚津工-富山第一】後半22分、魚津工のNO8、河尻龍世選手(3年)がトライ=富山市森の岩瀬スポーツ公園サッカー・ラグビー場で2018年10月27日午後3時8分、森野俊撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール富山県大会(県高体連主催、毎日新聞社、チューリップテレビ後援)の決勝が27日、富山市森5の岩瀬スポーツ公園であり、魚津工が26-15で富山第一を破って3大会ぶり3回目の花園出場を決めた。魚津工は、東大阪市の花園ラグビー場で12月27日に開幕する全国大会に出場する。

 試合後に表彰式があり、松倉泉・県高体連ラグビー専門部長から魚津工の高瀬遊介主将(3年)らに賞状や優勝杯が贈られた。冷たい雨が降る中、死力を尽くした両チームに、スタンドから惜しみない拍手が贈られた。

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1308文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです