日本シリーズ

初戦は引き分け 広島とソフトバンク譲らず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【広島-ソフトバンク】五回表ソフトバンク2死二、三塁、代打・デスパイネが適時内野安打を放つ(投手・大瀬良)=マツダスタジアムで2018年10月27日、幾島健太郎撮影
【広島-ソフトバンク】五回表ソフトバンク2死二、三塁、代打・デスパイネが適時内野安打を放つ(投手・大瀬良)=マツダスタジアムで2018年10月27日、幾島健太郎撮影

 プロ野球の日本一をかけて争う「SMBC日本シリーズ2018」(4戦先勝方式)が27日、広島市のマツダスタジアムで広島対ソフトバンクの顔合わせで開幕。延長十二回を終えても両者譲らず、規定により2-2で引き分けた。日本シリーズでの引き分けは2010年(中日-ロッテ)の第6戦以来。

 日本シリーズでの両チームの対戦は初めて。セ・リーグ3連覇の広島は2年ぶり8回目の…

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文451文字)

あわせて読みたい

注目の特集