メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

芸能人に政治的発言求める前に 封じているのは誰か 中立・公正、意識しすぎるメディア

9日、米音楽祭「アメリカン・ミュージック・アワード」の授賞式で歌うテイラー・スウィフトさん。初めて「民主党支持」という政治的立場を明言し、波紋を広げた=ロイター

 不思議である。米国の人気歌手、テイラー・スウィフトさんが、来月の米中間選挙で民主党を支持すると公表した。米国の芸能人は自分の政治的主張や立場を公言し、政権を批判する人は珍しくないのに、日本では沈黙する人が多い。なぜか? 【吉井理記】

 白状すれば「なぜ日本の芸能人はダンマリを決め込むのだ!」という、不満にも似た気持ちで始めたこの取材、最後に記者は反省することになるのだが、ともあれテイラーさんの話題を振り返っておこう。

 テイラーさんがインターネット上の投稿で世界を驚かせたのは7日のことだった。

この記事は有料記事です。

残り2521文字(全文2769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜の会食は「宴会ではない」 首相、野党に反論「意見交換」「いけないことなのか」

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです