メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

浪漫活劇「るろうに剣心」 陰を出し奥行き与える早霧=評・小玉祥子

 和月伸宏の同名漫画が原作。小池修一郎脚本・演出。早霧(さぎり)せいなが、2016年に宝塚歌劇団雪組男役トップ時代に主演したミュージカルに再挑戦している。

 幕末の京都で、倒幕派の刺客として多くの人々を殺(あや)めた緋村抜刀斎は剣心と名を改め、明治の東京に姿を現す。「不殺」の誓いを立てた剣心は、神谷活心流の師範代、神谷薫(上白石萌歌)の道場に身を寄せる。新撰組を抜けて行方をくらまし、実業家で成功をおさめた加納惣三郎(松岡充)の野望に剣心も巻き込まれていく。

 京都で「人斬り」として凶刃を振るう抜刀斎当時の張り詰めたようすが冒頭で示される。場面変わっての明治…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです