メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自然薯

上郡の粘り、掘り起こせ 収穫で農家応援 高校生ら /兵庫

収穫した自然薯を手に、笑顔の上郡高生たち=兵庫県上郡町八保で、広田正人撮影

 自然薯(じねんじょ)掘って、地域を応援--。上郡町八保の農場で28日朝、町のふるさと納税返礼品にもなっている自然薯収穫があり、上郡高校農業土木科の生徒10人がボランティアで汗を流した。

 県が推進する「高校生ふるさと貢献活動」の一環。もとは田んぼだった約10アールの耕作放棄地に植わっているが、農家の高齢化や後継者不足は深刻で、西坂美樹校長によると3年前の春の定植後に協力依頼があり、昨春から生徒たちが手伝う。

 4月の定植は長さ1・3メートル、直径7センチほどのパイプに真砂土(まさつち)を入れて土中に斜めに埋…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです