メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

県外就業率 3人に1人、全国2位 /奈良

大阪北部地震の影響で電車の運行が中止され再開を待つ通勤客ら。県外への通勤・通学が多いだけに各駅は人であふれました=奈良市の近鉄新大宮駅で、佐藤英里奈撮影

 郊外の自宅から都心の会社に通勤する。

 こんなライフスタイルが始まったのは100年前のことです。阪急電鉄を創業した小林一三のアイデアだったことはよく知られています。

 郊外電車の沿線で住宅地を開発し、サラリーマンに月賦販売で一戸建て住宅を販売するという「阪急商法」は、その後の住宅開発のモデルになりました。

 私鉄沿線の住宅開発は、開発が進むとともに都心からどんどん離れていきます。自宅から職場まで時間をかけ…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです