メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電動カート

有識者視察 「取り組み順調」評価 地域交通との連携が鍵 松江 /島根

電動カート「リホープ」に乗り利用者の元に向かう松浦正敬・松江市長(右手前)=松江市西法吉町で、根岸愛実撮影

 地域交通の新たな担い手を目指し、松江市の住宅団地で9月から12月にかけて実証実験をしている電動カート「リホープ」を、国交省と環境省の担当者や大学教授らがこのほど視察した。低速で排ガスを出さない電動カートは全国的に注目されており、松江の取り組みは高く評価されたが、市営のコミュニティーバスなど地域交通全体の中での位置付けが問題となりそうだ。【根岸愛実】

 「リホープ」はゴルフカート型で時速20キロ未満。法吉団地や比津が丘団地など、坂道が多く高齢化率が高…

この記事は有料記事です。

残り589文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです