メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2018

「ふるさと納税規制」波紋 「一方的押し付け」反発の自治体も 返礼率3割、国「妥当だ」

 豪華な返礼品人気で、わずか3年で納税規模が約9・4倍に成長したふるさと納税。しかし、寄付額に占める返礼品の割合を3割に抑え、他県産は「地場産品」として返礼品に含めないといったルールを守らない自治体が増収を続け、総務省は9月、問題自治体を制度から締め出す検討を始め、波紋が広がった。増収のあてが外れたり「基準が不明確」と反論したりする自治体がある一方、返礼率低下前の「駆け込み寄付」も起きた。各地の動きや問題点をまとめた。【浜中慎哉、安部拓輝、南茂芽育】

 今年も返礼品の実態調査を進めていた総務省は7月、返礼率などで問題の多い12自治体名を公表。9月には…

この記事は有料記事です。

残り1742文字(全文2019文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです