メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ迫害

「尊厳ある帰還」強調 武装集団指導者インタビュー

夫と息子を殺害され、国境を渡ってロヒンギャ難民キャンプまで逃れた体験を語るジャミラさん。後ろにはキャンプが広がる=バングラデシュ南東部コックスバザール郊外で5日、岡大介撮影

 【岡大介、バンコク西脇真一、ニューデリー松井聡】ロヒンギャの武装集団「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)のアタウラ指導者は、ロヒンギャの人権状況が改善されない場合は武装闘争を続ける考えを表明した。ミャンマー政府は昨年、人権状況改善に向け政府諮問委員会(委員長、故アナン元国連事務総長)が発表した勧告を履行する新組織を発足させたが、まだ具体的な進展はない。問題解決が長引けば、暴力の連鎖に再び陥ることも懸念される。

 アタウラ指導者が書面インタビューでこだわったのは、昨年8月以降、バングラデシュで難民生活を送る70…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. はやぶさ2 リュウグウの新画像公開 小型探査ロボが撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです