特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 糸谷哲郎八段-豊島将之王位 第17局の6

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

寄せ切り4連勝

 [先]8八玉(図)は糸谷一流の勝負手だが、豊島は焦らなかった。銀を取ってから[後]3一玉と引いたのが冷静な手。こうして玉を遠ざけ、速度計算をしやすくしてから上部から押しつぶした。糸谷は「参りました」と古風な言い方で頭を下げた。終了図から[先]8八同金[後]8六桂[先]8七玉[後]7八銀[先]同金[後]8九竜[先]8八金打[後]7五桂まで。

 豊島が4連勝で首位をキープ。しかし序盤で時間を使い過ぎた点は反省した。それに触れると、糸谷は「(第2譜で)[後]4五歩のとき[先]3七銀(参考図)と引いて千日手狙いだったか? 2時間以上差が開いていたから」と笑う。実戦は[先]3五銀と突進したが、[先]3七銀なら[後]2四歩[先]2二歩[後]同金[先]2四飛[後]2三金[先]2八飛[後]2四歩[先]2二歩……で千日手が濃厚。こうしてもう一局とし、…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文798文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集