メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今は叔父の家に2人で同居している、アシュラウィさんと妻

 イラク北部、クルド自治区ドホーク県。ヤジディー教徒たちが避難生活を送る無数の白いテントが、砂埃(すなぼこり)の舞う褐色の大地をどこまでも覆っていた。8月に過激派組織「イスラム国」(IS)の手から逃れてきたアシュラウィ・カシム・アブドラさん(18)は叔父の家に身を寄せていた。

 2014年8月、故郷シンジャルをISが急襲。家族と引き裂かれたアシュラウィさんを待ち受けていたのは、徹底したコーラン教育と軍事訓練。兵士として隣国シリアに送り込まれ、最初は見張り番、その後すぐに戦闘へ駆り出された。「眠ることさえま…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです