メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

スケートカナダ 宇野、逆転で2連覇

GPデビュー戦で2位となった山下のフリー演技=USAトゥデー・ロイター

 【ラバル(カナダ)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は27日、ラバルで行われ、男子でショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーでトップの188・38点を出し、合計277・25点で2連覇を果たした。平昌冬季五輪銀メダルの宇野はGP通算4勝目。

 女子はSP3位でGPデビューの15歳、山下真瑚(愛知・中京大中京高)がフリーで2位の136・76点…

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1726文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです