メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

スケートカナダ 宇野、逆転で2連覇

GPデビュー戦で2位となった山下のフリー演技=USAトゥデー・ロイター

 【ラバル(カナダ)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダ最終日は27日、ラバルで行われ、男子でショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーでトップの188・38点を出し、合計277・25点で2連覇を果たした。平昌冬季五輪銀メダルの宇野はGP通算4勝目。

 女子はSP3位でGPデビューの15歳、山下真瑚(愛知・中京大中京高)がフリーで2位の136・76点…

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです