メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキー

ジャンプ全日本選手権 故障明け、伊東V

 ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ最終日は28日、長野県の白馬ジャンプ競技場でSBC杯を兼ねてラージヒル(ヒルサイズ=HS131メートル)が行われ、伊東大貴(雪印メグミルク)が1回目に131メートル、2回目に最長不倒の133・5メートルを飛んで合計273・0点で優勝した。

 中村直幹(東海大)が2位に続き、佐藤慧一(雪印メグミルク)が3位。46歳の葛西紀明(土屋ホーム)は119・5メートル、110メートルの202・0点で18位に終わった。

 SBC杯のみで実施の女子は高梨沙羅(クラレ)が124メートル、114・5メートルの254・2点で制…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. 支局長からの手紙 ゴリラからの警告 /京都
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです