メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

全日本距離別選手権 高木美、本命V3 女子1500

女子1500メートルで優勝した高木美=渡部直樹撮影

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)の代表選考会を兼ねた全日本距離別選手権は最終日の28日、長野市エムウェーブで行われ、女子1500メートルは今年の平昌五輪で同種目銀メダルの高木美帆(日体大助手)が1分56秒17で3連覇を遂げた。高木美は、1000メートル、3000メートルに続き今大会3冠を達成した。男子1500メートルは一戸誠太郎(ANA)が大会新の1分46秒00で初優勝。同1万メートルは土屋良輔(メモリード)が13分18秒86の国内最高記録で3連覇した。女子5000メートルは、酒井寧子(茨城県競技力向上対策本部)が7分16秒84で初優勝を飾った。大会後、日本スケート連盟はW杯前半4戦(11~12月)の代表を発表。女子は、高木美や小平奈緒(相沢病院)らが代表入りした。

この記事は有料記事です。

残り1382文字(全文1724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです