メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り

 <access>

 新天皇即位で来年のゴールデンウイーク(GW)は10連休に。そんな政府の計画に、非正規雇用の人々から悲鳴が上がっている。収入減に直結するためだ。「10連休」は労働現場の「格差」も浮き彫りにする。【小国綾子】

 「10連休で7万円の減収です。アルバイトを入れないと」。自治体で派遣職員として働く東京都内の女性(53)は打ち明ける。7時間勤務で時給1000円。「結婚しているのでやっていけますが、独身だったら食べていけなくなりますよね」

 時給や日給で働く非正規や派遣の労働者にとって、10連休は月収の3分の1近くがなくなることを意味する…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1161文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  4. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです