メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り

 <access>

 新天皇即位で来年のゴールデンウイーク(GW)は10連休に。そんな政府の計画に、非正規雇用の人々から悲鳴が上がっている。収入減に直結するためだ。「10連休」は労働現場の「格差」も浮き彫りにする。【小国綾子】

 「10連休で7万円の減収です。アルバイトを入れないと」。自治体で派遣職員として働く東京都内の女性(53)は打ち明ける。7時間勤務で時給1000円。「結婚しているのでやっていけますが、独身だったら食べていけなくなりますよね」

 時給や日給で働く非正規や派遣の労働者にとって、10連休は月収の3分の1近くがなくなることを意味する…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1161文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです