メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

僕らは奇跡でできている 物語がゆったり進むのがいい

 物語の舞台が大学と聞けば、見ないわけにはいかない。

 9日スタートの「僕らは奇跡でできている」(カンテレ系)。主役の大学講師・相河一輝役を務めるのは高橋一生だ。意外にも、民放のプライムタイム(午後7時~11時)での連続ドラマ初主演だ。

 恩師である鮫島教授(小林薫)からの強い推薦で、半年前に都市文化大学の講師となった一輝。動物行動学を教えている。大好きな専門分野には没頭するが、それ以外のことにほぼ無頓着だ。周囲の人々は、しばしば彼に振り回される。だが、やがて彼の不器用極まりない、まっすぐで純粋な生き方に刺激を受け始める。

 飛び切り大きな事件が起こるわけでなく、物語がゆったりと進むのがいい。刺激的なスパイスを過剰にかける…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです