メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

僕らは奇跡でできている 物語がゆったり進むのがいい

 物語の舞台が大学と聞けば、見ないわけにはいかない。

 9日スタートの「僕らは奇跡でできている」(カンテレ系)。主役の大学講師・相河一輝役を務めるのは高橋一生だ。意外にも、民放のプライムタイム(午後7時~11時)での連続ドラマ初主演だ。

 恩師である鮫島教授(小林薫)からの強い推薦で、半年前に都市文化大学の講師となった一輝。動物行動学を教えている。大好きな専門分野には没頭するが、それ以外のことにほぼ無頓着だ。周囲の人々は、しばしば彼に振り回される。だが、やがて彼の不器用極まりない、まっすぐで純粋な生き方に刺激を受け始める。

 飛び切り大きな事件が起こるわけでなく、物語がゆったりと進むのがいい。刺激的なスパイスを過剰にかける…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです