マイワシ

豊漁で食用の需要拡大狙う 加工業者は慎重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
釧路おさかな教室でイワシの三枚おろしに挑戦する児童=北海道釧路市水産業対策協議会提供
釧路おさかな教室でイワシの三枚おろしに挑戦する児童=北海道釧路市水産業対策協議会提供

手間の割に高値難しく

 北海道東沖のマイワシ漁獲量が増え続けている。北海道まき網業協会(釧路市)によると、2010年まで7年連続で皆無だった状況から一変。10月末で終了する巻き網漁の漁獲量は、25日までに漁獲可能量(TAC)の13万8000トンにほぼ達した。現状ではほとんどが肥料・飼料用で単価の低いミール(魚粉)となっており、釧路市や業界団体は食用の需要拡大に力を入れる。ただ小型の大衆魚だけに付加価値を高めるのは容易でなく、加工業者は慎重に行方を見守っている。【平山公崇】

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1106文字)

あわせて読みたい

ニュース特集