メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大阪

「旧陸軍墓地」の補修負担 国と市が綱引き

台風21号の影響などで倒壊した旧真田山陸軍墓地の墓石。その後、ボランティアにより一定の補修作業がなされた=大阪市天王寺区で2018年10月11日、平川義之撮影

 国内最大の旧陸軍墓地で、墓石の劣化に加え、9月の台風21号で倒壊被害が相次いだ「旧真田山陸軍墓地」(大阪市天王寺区)について、所有者の国と管理者の大阪市が補修費用の負担を巡って綱引きを演じている。責任の所在や国と市の役割分担が不明確なためで、吉村洋文市長は「国が責任を持って国立墓地として管理すべきだ」と主張。来月にも安倍晋三首相宛てに適切な保全管理を求める要望書を提出する。【真野敏幸】

 同墓地は1871年、国内初の陸軍埋葬地として開設、明治初期の西南戦争から第二次世界大戦までの戦死者…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1251文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです