メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪

「旧陸軍墓地」の補修負担 国と市が綱引き

台風21号の影響などで倒壊した旧真田山陸軍墓地の墓石。その後、ボランティアにより一定の補修作業がなされた=大阪市天王寺区で2018年10月11日、平川義之撮影

 国内最大の旧陸軍墓地で、墓石の劣化に加え、9月の台風21号で倒壊被害が相次いだ「旧真田山陸軍墓地」(大阪市天王寺区)について、所有者の国と管理者の大阪市が補修費用の負担を巡って綱引きを演じている。責任の所在や国と市の役割分担が不明確なためで、吉村洋文市長は「国が責任を持って国立墓地として管理すべきだ」と主張。来月にも安倍晋三首相宛てに適切な保全管理を求める要望書を提出する。【真野敏幸】

 同墓地は1871年、国内初の陸軍埋葬地として開設、明治初期の西南戦争から第二次世界大戦までの戦死者…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1251文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです