メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡

キャンパス移転…地下鉄駅名「箱崎九大前」変わらず

駅名が存続する福岡市営地下鉄の箱崎九大前駅。右奥は九大箱崎キャンパス跡地=福岡市東区で2018年10月29日午前9時12分、津村豊和撮影

 9月に伊都キャンパス(福岡市西区)への移転統合が完了し、今後解体される九州大箱崎キャンパス(同市東区)。最寄りの地下鉄駅名について、運営する市は「箱崎九大前」を当面存続させるようだ。大学移転後も大学名を駅名に残すケースは各地でもある。九大が箱崎にあったことを伝える歴史の証人であり続けるのか。跡地活用も含め注目される。

 同駅は箱崎キャンパスの南西に位置し、1986年、市地下鉄の箱崎線延伸に伴って開業した。1日平均3601人(2017年度実績)が利用。市地下鉄の各駅には市出身のグラフィックデザイナー、故西島伊三雄氏らによるシンボルマークがあるが、同駅は千代の松原の松と、枝で九大の「九」の字をデザインしている。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです