メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAXA

いぶき2号 温室効果ガス削減貢献に期待

打ち上げられた温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」。上部の水色の部分に温室効果ガス観測センサーがある=茨城県つくば市で2018年8月11日午前11時28分、大場あい撮影

 温室効果ガスの濃度は地上や航空機でも測定されているが、場所によって観測機器が異なる上、観測点が限られ、途上国などではほとんどデータがない場所もある。人工衛星による観測には、世界全体をくまなく、同一のものさしで継続して測定できるという強みがあり、29日に打ち上げられた「いぶき2号」には、温室効果ガス排出量の実態把握や削減対策の検証での世界貢献が期待される。

 初代いぶきによる観測で、地球大気全体の二酸化炭素(CO2)の平均濃度を算出することができるようにな…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです