メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

沢村賞、巨人・菅野に 2年連続

CSファーストステージ第2戦でノーヒット・ノーランを達成し喜ぶ巨人の菅野=東京・神宮球場で2018年10月14日、梅村直承撮影

 太平洋戦争で戦死した名投手・沢村栄治を記念し、今季のプロ野球で最も活躍した先発完投型の投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が29日、東京都内で開かれ、巨人の菅野智之投手(29)が全会一致で選ばれた。菅野は昨年に続く受賞で、2年連続の選出は1995~96年の斎藤雅樹投手以来、5人目。金杯と副賞300万円が贈られる。

 菅野は、同賞の選考基準7項目を全てクリア。(1)15勝以上(菅野=15勝)(2)奪三振150以上(=200)(3)完投試合数10以上(=10)(4)防御率2.50以下(=2.14)(5)投球回数200回以上(=202)(6)登板数25以上(=28)(7)勝率6割以上(=6割5分2厘)--だった。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです