精神疾患

退院後「1カ月以内」受診→再入院リスク半減

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 統合失調症と双極性障害(そううつ病)の入院患者が退院から1カ月以内に精神科を受診すると、再入院のリスクを約5割も減らせるという国の診療報酬明細書(レセプト)の分析結果を、医療経済研究機構などのチームがまとめた。病状悪化に伴う再入院を防ぐため、患者が退院後に医療支援を受けられる体制が求められる。

 レセプトのデータベースを使い、2014年度に新たに精神病床に入院した高齢者を除く統合失調症と双極性障害の患者4万8579人の退院後を追跡。85%が30日以内に精神科を受診していた。

 退院から30日以内の受診の有無と、退院後30~210日の半年間での再入院との関係を調べると、受診した層の再入院率は22%だったのに対し、しなかった層は38%で、受診でリスクは46%減っていた。退院後の早期受診と再入院の関連性が明らかになったのは初めてという。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文621文字)

あわせて読みたい

注目の特集