メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンドに迫る

仏「ジャポニスム2018」 日本の現代演劇へ熱い視線

「地獄谷温泉」のセットで、ジャンヌトー監督(左)とタニノクロウ=パリ郊外のジュヌビリエ劇場で

 葛飾北斎やクロサワ、マンガやアニメなどのポップカルチャーだけが日本文化じゃない--。パリを中心に開催中の「ジャポニスム2018」は、日本の多様な芸術文化を紹介しようという試みだ。約70の公式企画のうちには「現代演劇シリーズ」もあり、気鋭のアーティストが並ぶ。「今」を発信する舞台に、言葉の壁を越えてフランス側の熱い視線が注がれる。

 今年は日仏友好160年。2年後の東京五輪・パラリンピックも視野に、さらなる文化交流を促そうと日本政府が約40億円を投じた。展覧会▽舞台公演▽映像▽生活文化--の四つを大きな柱に来年2月まで約8カ月にわたり催される。

この記事は有料記事です。

残り1579文字(全文1853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 水説 怒れる検事長OB=古賀攻

  4. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  5. 雪不足で島根県のスキー場が破産へ 今季一度も営業できず 社長無念「今さら降られても」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです