メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トレンドに迫る

仏「ジャポニスム2018」 日本の現代演劇へ熱い視線

「地獄谷温泉」のセットで、ジャンヌトー監督(左)とタニノクロウ=パリ郊外のジュヌビリエ劇場で

 葛飾北斎やクロサワ、マンガやアニメなどのポップカルチャーだけが日本文化じゃない--。パリを中心に開催中の「ジャポニスム2018」は、日本の多様な芸術文化を紹介しようという試みだ。約70の公式企画のうちには「現代演劇シリーズ」もあり、気鋭のアーティストが並ぶ。「今」を発信する舞台に、言葉の壁を越えてフランス側の熱い視線が注がれる。

 今年は日仏友好160年。2年後の東京五輪・パラリンピックも視野に、さらなる文化交流を促そうと日本政…

この記事は有料記事です。

残り1637文字(全文1853文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです