メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンドに迫る

仏「ジャポニスム2018」 日本の現代演劇へ熱い視線

「地獄谷温泉」のセットで、ジャンヌトー監督(左)とタニノクロウ=パリ郊外のジュヌビリエ劇場で

 葛飾北斎やクロサワ、マンガやアニメなどのポップカルチャーだけが日本文化じゃない--。パリを中心に開催中の「ジャポニスム2018」は、日本の多様な芸術文化を紹介しようという試みだ。約70の公式企画のうちには「現代演劇シリーズ」もあり、気鋭のアーティストが並ぶ。「今」を発信する舞台に、言葉の壁を越えてフランス側の熱い視線が注がれる。

 今年は日仏友好160年。2年後の東京五輪・パラリンピックも視野に、さらなる文化交流を促そうと日本政…

この記事は有料記事です。

残り1637文字(全文1853文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです