メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外神戸のバス、歩行者多数はね1人死亡
百舌鳥・古市古墳周辺

見て食べて 古墳グルメに熱視線

前方後円墳形の型(左の皿)でご飯を盛った人気の「古墳カレー」=堺市堺区で、山田尚弘撮影

 紅葉を楽しみながら古墳を巡る“墳活(ふんかつ)”に最適な季節がやって来た。世界遺産登録を目指す大阪府の百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(堺、羽曳野、藤井寺市)の周辺では古墳グルメも人気だ。古墳愛とともに食欲も満たしてみては?【長尾真希子】

 ◆前方後円墳形カレー

海外からファンも ご飯囲むルーの「お堀」発掘気分

 前方後円墳の形に盛ったご飯の周りをお堀のようにぐるりとルーが囲む。食事処(どころ)「花茶碗」の店主、中屋麗子さん(71)が2008年に考案したのは、「古墳カレー」(サラダ付き、1000円)。多い日には、最高で25食売れたこともあり、今や全国各地や海外からも古墳カレーのファンが訪れるほどの看板商品に。11年には商標登録もしたというから驚きだ。

 「自分のイメージに合う古墳の型やお皿がなかったから」という理由で、当時通っていた陶芸教室で前方後円…

この記事は有料記事です。

残り1829文字(全文2209文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  2. 警官も見抜けぬ?精巧偽造在留カード横行 入管法改正で拡大の恐れ
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです