特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

集大成

第44回社会人野球日本選手権に向けて/上 三菱日立・奥村政稔投手 「無償の努力」ぶつける /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
三菱日立のエース、奥村。ピンチにも動じない強気なマウンドさばきが日本選手権でも期待される=川崎市中原区で
三菱日立のエース、奥村。ピンチにも動じない強気なマウンドさばきが日本選手権でも期待される=川崎市中原区で

 プロ野球ドラフト会議の直後の10月27日、三菱日立パワーシステムズとJX-ENEOSのオープン戦があった。サインを求めるファンの列。その先に、福岡ソフトバンクホークスに指名されたばかりの三菱日立の奥村政稔投手(26)が、屈託のない笑顔でファンに応えていた。先発したこの日は「調子が悪かった」と言いつつ、球威ある直球で相手打者を詰まらせ、バットを折る場面もあった。

 毎年にように「注目右腕」と目されてきた三菱日立のエース。ただ、ドラフトとは縁がなかった。地元の大分県中津市にいる妻は、落ち込む右腕を何度も慰めた。「もう、家族に心配をかけたくない」。社会人野球に強い誇りがあったが、単身赴任で野球を続けることに、ためらいもあった。指名がなかった昨秋、プロ入りの夢を諦めかけた。

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1345文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る