メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・かお・トーク

オウム事件、伝え続ける 元富士ケ嶺地区対策委委員長・江川透さん /山梨

江川透さん(82)

 --今年7月、オウム真理教による一連の事件で13人の死刑囚全員の刑が執行されました。事件の風化が指摘されていますが、教団の一大拠点があった旧上九一色村の富士ケ嶺(ふじがね)地区(現富士河口湖町)に動きはありますか。

 ◆サティアンと呼ばれたオウムの施設跡は現在「富士ケ嶺公園」と呼ばれています。地域の住民の意見を聴いた上で、正式な名前を付けたいと思います。「オウムはたくさんだ」「嫌な思いは忘れたい」という住民もいると思いますが、歴史は伝えていかねばなりません。いいことばかり残して悪いことは消してしまうというわけにはいきません。

 --公園には「慰霊碑」とだけ記された石碑が立っています。どのような意味がありますか。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです