メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黄葉まつり

信長しのび 富士宮で来月11日 火縄銃演武、和太鼓など多彩な行事 /静岡

 富士宮市西山の富士山西山本門寺で11月11日、戦国武将・織田信長の首塚伝説にちなむ「第19回信長公黄葉(こうよう)まつり」(市、実行委員会主催)が開かれる。黄色く染まる大イチョウの下で、駿府鉄炮衆による火縄銃の演武や、地元有志らが武将や姫にふんする武者行列など、多彩な行事が繰り広げられる。

 本堂の裏には、樹齢500年とされるヒイ…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです