連載

ひょうごで暮らす

毎日新聞デジタルの「ひょうごで暮らす」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ひょうごで暮らす

宝塚市教育委員・望月昭さん いろいろな人がいて良い /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える望月昭さん=兵庫県宝塚市内で、土居和弘撮影
インタビューに答える望月昭さん=兵庫県宝塚市内で、土居和弘撮影

 宝塚市の教育委員に9月、市内在住の漫画家・細川貂々(てんてん)さんの夫、望月昭さん(54)が就任した。IT会社勤務中にうつ病を発症、夫婦の闘病生活を細川さんが描いた「ツレがうつになりまして。」に登場する「ツレ」。うつの克服、その後の家事・育児を担う「主夫」生活と、さまざまな経験を通じてこう話す。「社会にはいろいろな人がいて良い」。その教育論を尋ねた。【聞き手・土居和弘】

 --なぜ、教育委員に選ばれたと思っていますか。

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文1868文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集