メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

平成あと半年/上(その1) 決まらぬ元号公表時期 保守派VS事務方 首相は様子見

 第4次安倍内閣の内閣改造から2日後の10月4日午後、首相官邸の階段では、安倍晋三首相(64)と副大臣、政務官たちの写真撮影が行われていた。その頃、衛藤晟一首相補佐官(71)が官邸事務方トップの杉田和博官房副長官(77)の執務室を訪ねた。案件は、来年5月1日の新天皇即位に伴う新元号の公表時期だ。

 衛藤氏「即位後の公表でないと、天皇陛下の権威に関わる。『一世一元』に反する。事前公表は歴史上一度もなかった」

 杉田氏「国民の利便性を考慮して事前公表すべきだ。システム改修の準備を考えたら、1カ月前には公表した…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文880文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです