メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル大統領選

極右新大統領 トランプ氏「協力」

 【サンパウロ山本太一】任期満了に伴うブラジル大統領選の決選投票が28日投開票され、選管当局は「ブラジルのトランプ」と呼ばれる極右、社会自由党のジャイル・ボルソナロ下院議員(63)が当選したと発表した。任期は2019年1月から4年間。得票率はボルソナロ氏が55%で、左派、労働党のフェルナンド・アダジ元教育相(55)が45%だった。 ボルソナロ氏はマイノリティー(少数派)への差別的発言やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を多用する手法がトランプ米大統領と共通し、トランプ氏の信奉者だと話す。米ホワイトハウスによると、トランプ氏は28日夜、ボルソナロ氏に電話で祝意を伝え、両国国民の生活改善のため一緒に働くことを誓い合っ…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文794文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです