メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院代表質問

野党、首相の改憲批判 枝野氏「学び直せ」/玉木氏「ごまかし」

代表質問での改憲に関する主な発言

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する29日の各党代表質問では、立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表が、憲法改正議論の加速を目指す首相に批判の矛先を向けた。首相は、自民党がまとめた自衛隊の存在明記など4項目の改憲条文案を、同党が今国会で提示することを期待しているが、枝野、玉木両氏は対決姿勢を崩さなかった。【影山哲也】

 枝野氏の批判は、首相の憲法の認識自体に向いた。所信表明で首相が憲法を「国の理想を語るもの」と説明したのに対し、「憲法は首相の理想を実現する手段ではない。本質は、国民の生活を守るために国家権力を縛ることにこそある」と指摘。「首相の勘違いは今に始まったことではないが、憲法とは何かを一から学び直してください」と呼びかけた。枝野氏は憲法についてはあえて質問せず、答弁の機会を与えなかった。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです