メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院代表質問

野党、首相の改憲批判 枝野氏「学び直せ」/玉木氏「ごまかし」

代表質問での改憲に関する主な発言

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する29日の各党代表質問では、立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表が、憲法改正議論の加速を目指す首相に批判の矛先を向けた。首相は、自民党がまとめた自衛隊の存在明記など4項目の改憲条文案を、同党が今国会で提示することを期待しているが、枝野、玉木両氏は対決姿勢を崩さなかった。【影山哲也】

 枝野氏の批判は、首相の憲法の認識自体に向いた。所信表明で首相が憲法を「国の理想を語るもの」と説明し…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文882文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです