メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

メルケル路線、禅譲困難 保守派台頭確実 「21年任期満了」見通せず

記者会見で12月のキリスト教民主同盟(CDU)党首選不出馬を表明したメルケル氏=ベルリンで29日、ロイター

 【ベルリン中西啓介】欧州のリベラルな価値観を代表する政治家として知られるメルケル独首相が29日、2021年秋の任期満了での首相退任と実質的な政界引退を表明した。首相在任13年のメルケル氏は、相次ぐ与党内対立を収束させるため、任期明確化という「賭け」に打って出た。だが、党内に根強い「反メルケル路線」が勢いづくことは確実で、職責を全うできるかは見通せない。

 「新しい党首と協力することで、政府の仕事に専念できるはずだ」。メルケル氏は29日、党首を務めるキリ…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです