メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

メルケル路線、禅譲困難 保守派台頭確実 「21年任期満了」見通せず

記者会見で12月のキリスト教民主同盟(CDU)党首選不出馬を表明したメルケル氏=ベルリンで29日、ロイター

 【ベルリン中西啓介】欧州のリベラルな価値観を代表する政治家として知られるメルケル独首相が29日、2021年秋の任期満了での首相退任と実質的な政界引退を表明した。首相在任13年のメルケル氏は、相次ぐ与党内対立を収束させるため、任期明確化という「賭け」に打って出た。だが、党内に根強い「反メルケル路線」が勢いづくことは確実で、職責を全うできるかは見通せない。

 「新しい党首と協力することで、政府の仕事に専念できるはずだ」。メルケル氏は29日、党首を務めるキリスト教民主同盟(CDU)本部で開いた記者会見でこう述べ、後継党首との協力に自信をのぞかせた。だが、党内には「メルケル路線」からの離脱を求める声が高まっており、12月の党首選では親メルケルと反メルケルの最有力候補の一騎打ちとなる見方が強まっている。

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです