メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

国際競争力、不可欠に 平田竹男・早大大学院教授

 Jリーグの外国人枠を巡る議論について、かつて日本サッカー協会専務理事を務めた平田竹男・早稲田大学大学院教授(58)に見解を聞いた。【聞き手・福田智沙】

 外国人枠の緩和や撤廃には、日本選手の出場機会の確保や若手選手の育成、クラブの財政といった側面から少なからず反対意見もあると思います。ですが、まずは一度試してみて、プラス面とマイナス面を検証してはいかがでしょうか。

 懸念についてですが、外国人枠を無制限にしたとしても、全員を外国籍選手にするクラブが現れるとは思えません。Jリーグには地域密着という理念があります。1993年の発足から25年。その理念は浸透しています。

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. 「海外旅行に行けないけれど食べたい」 機内食販売が人気 ANA、JAL

  5. 新型コロナ 東京都内で新たに1274人の感染確認 重症者は最多を更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです