メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

秋季リーグ 法大優勝 12季ぶり45回目

優勝して胴上げされる法大の青木久典監督=宮武祐希撮影

 29日、神宮球場で早慶3回戦が行われ、早大が慶大に5-4で逆転勝ちして勝ち点を4として、全日程を終了した。勝ち点4で法大、早大、慶大の3チームが並んだが、勝率で上回る法大の12季ぶり45回目の優勝が決まった。法大は優勝回数でリーグ最多の早大に並んだ。優勝に王手をかけていた慶大は3季連続優勝を逃した。法大は11月9日開幕の明治神宮大会に出場する。

 首位打者賞は、打率4割2分(50打数21安打)で明大の渡辺佳明内野手(4年・横浜)が獲得し、毎日新…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです