メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京六大学野球

秋季リーグ 法大優勝 12季ぶり45回目

優勝して胴上げされる法大の青木久典監督=宮武祐希撮影

 29日、神宮球場で早慶3回戦が行われ、早大が慶大に5-4で逆転勝ちして勝ち点を4として、全日程を終了した。勝ち点4で法大、早大、慶大の3チームが並んだが、勝率で上回る法大の12季ぶり45回目の優勝が決まった。法大は優勝回数でリーグ最多の早大に並んだ。優勝に王手をかけていた慶大は3季連続優勝を逃した。法大は11月9日開幕の明治神宮大会に出場する。

 首位打者賞は、打率4割2分(50打数21安打)で明大の渡辺佳明内野手(4年・横浜)が獲得し、毎日新聞社からブロンズ像が贈られた。早大の小島和哉(4年・浦和学院)が防御率1・73で最優秀防御率に輝いた。ベストナインには優勝した法大から4人が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです