メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権 フリー健闘 惨敗グレコ、寝技に課題

 レスリングの世界選手権で日本男子は金1、銅2の計3個のメダルを獲得した。フリースタイルは65キロ級で19歳の乙黒(おとぐろ)拓斗(山梨学院大)が日本男子史上最年少で優勝するなど健闘したが、グレコローマンスタイルはメダルがゼロと惨敗。明暗を分けた。

 初出場の乙黒拓は鋭いタックルと巧みなカウンターで鮮烈な世界デビューを飾った。取られても取り返す攻撃的スタイルが魅力で、しなやかな身のこなしも一級品。一方で失点の多さに課題を残し、東京五輪で頂…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです