東電

福島原発建屋を「工場萌え」 SNS投稿、批判受け削除

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールの写真とともに「#工場萌え」とつぶやいた東京電力ホールディングスの公式ツイッターアカウント。その後「#工場萌え」の部分を削除して再投稿された=曽根田和久撮影
福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールの写真とともに「#工場萌え」とつぶやいた東京電力ホールディングスの公式ツイッターアカウント。その後「#工場萌え」の部分を削除して再投稿された=曽根田和久撮影

 東京電力が29日、事故を起こした福島第1原発4号機の原子炉建屋内部の画像に「#工場萌(も)え」というハッシュタグ(投稿拡散のためのキーワード)を添えてソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に投稿したところ、「無神経」などと批判が相次いだ。同社はタグを削除した上で、「配慮不足であり、深くおわびします」と謝罪した。

 「工場萌え」は夜景など工場地帯のすばらしい景観への愛好を表す言葉。同社によると、東京の本社広報室広報グループが運営する東京電力ホールディングスの公式アカウントが29日午前11時51分、4号機の使用済み核燃料プールの画像に「#工場萌え #東京電力 #東電 #tepco」とハッシュタグを添え、ツイッターやインスタグラムに投稿した。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集