メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

損賠訴訟

バドのラケット直撃、目負傷 ペア女性に全責任、1300万円 東京高裁判決

 バドミントンのプレー中に、ダブルスのペアのラケットが目に当たり大けがをしたとして、東京都の40代の女性が損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(八木一洋裁判長)がペアの女性に全ての責任があると認め、約1300万円の支払いを命じていたことが29日、分かった。責任を一部のみ認めて約780万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決を変更した。判決は9月12日付で、既に確定している。

 原告側代理人によると、スポーツの事故でチームメートに全責任があると認定した司法判断は珍しいという。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです