メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

利用者目線で変わる、公立図書館の可能性 地域まるごと味わえる空間 岡山・もみわ広場では

 誰もが身近に利用できる公立図書館の魅力をどう高めるか。著名な建築家による斬新な建物や、運営の民間委託で耳目を集めることもあるが、奇をてらわずとも空間の使い方に工夫を凝らすことで住民からぐっと親しまれるようになった例もある。最近話題になったある場所を訪れ、これからの図書館のあり方を考えた。【花澤茂人】

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文1941文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです