国交相

辺野古埋め立て再開へ 承認撤回効力を一時停止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閣議後の記者会見で発言する石井啓一国土交通相=国会内で2018年10月30日午前9時46分、川田雅浩撮影
閣議後の記者会見で発言する石井啓一国土交通相=国会内で2018年10月30日午前9時46分、川田雅浩撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回について、石井啓一国土交通相は30日、知事の撤回処分の効力を一時停止することを決定した。移設工事が遅れれば、日米同盟に悪影響を及ぼしかねないとして、防衛省沖縄防衛局の主張を認めた。撤回の効力は31日にも停止されるため、国は近く埋め立て工事を再開するとみられる。

 石井国交相は30日の記者会見で「(承認撤回の)処分により生じる重大な損害を避けるため緊急の必要があると判断した」と述べた。県は第三者機関「国地方係争処理委員会」への不服審査や訴訟を提起するなどして国に対抗する構えで、法廷闘争に発展する可能性が高い。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文777文字)

あわせて読みたい

注目の特集