東京医大不正入試

不合格の女性24人が769万円請求

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京医大の担当者(右)に受験料の返還などを求める通知書を手渡す弁護団のメンバー=東京都新宿区で2018年10月29日午後3時53分、大西絢子撮影
東京医大の担当者(右)に受験料の返還などを求める通知書を手渡す弁護団のメンバー=東京都新宿区で2018年10月29日午後3時53分、大西絢子撮影

 東京医科大の入試で女子受験生らが不利になるような得点操作が行われていた問題で、2006~18年に受験し不合格となった24人の女性が29日、成績の開示や受験料の返還、慰謝料の支払いなどを求める通知書を同大に提出した。請求の合計額は計769万円。代理人を務める「医学部入試における女性差別対策弁護団」のメンバーが大学側に文書を手渡した。

 24人は18歳から30代の女性。現在も医学部を目指す浪人生、別の大学の医学部に通う学生、他学部を卒業して働く社会人など立場はさまざまだ。不正な受験をさせられた慰謝料として1回の受験あたり10万円を請求するなどし、大学に11月上旬の回答を求めた。弁護団の打越さく良弁護士は「傷ついた女子受験生に誠実に対応してほしい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文462文字)

あわせて読みたい

注目の特集